Land Walker のライバル

英語版Wikipediaに「Mecha」という用語が登録されている。例によって意訳だが;


いくつかのSFでは、mecha(単複同形)あるいはmechs(単数形:mech)は、搭乗操作かリモートコントロールされる肢のある乗り物のことである。
 ロボットとmecha の決定的な違いは、mecha がパイロットやコントローラーを持っている点である。
 元々は英語の(一般的な機械を意味する)「メカニカル」の日本での省略形だったが、英語圏では上のような乗り物を示すために使われる。元々の日本語の「メカ」の意味はもっと広義(手足がないとか自動車・銃・コンピュータなども含む)である


 要するに日本語の「メカ」が逆輸入されてるわけである。気合の入ったエントリなので、ロボ好きメカ好き海外ヲタ好き(なんだそれは)は読んでみるとよろしい。

 さて、我らが Land Walker は海外のBlogなどでも徐々に紹介されているようで、www.engadget.comでも、「カコイイ!」とか「すり足ダメじゃん」みたいな日本と似たような感想が寄せられているが、中には
「これじゃあRPGのいい標的だろ」
とか
「このバルカン砲マジで動くの?」
みたいな、マジで「軍用」に開発したものみたいな誤解をしてるらしき馬鹿粗忽者も若干名見受けられる。

 まあこんな馬鹿あわて者は放置しておけばいいのであるが、某国あたりに歪んだ情報が伝わって「ほれみろ、日帝は過去を反省せずこんな新兵器を開発してるじゃないか! 徹底的に抗議する! 指切る腹切る日の丸燃やす! 謝罪と補償を要求する!」みたいなことにならないか心配だ(爆)

 で、www.engadget.comに「アラスカのマシンの方がよくね?」という書き込みがあったので、これはなんじゃとちょっと調べてみたら、cnetで「裏庭の巨大ロボット」という記事(2004年12月22日)があったのだな。
Giant robots in the backyard

アンカレッジの26歳、オーウェンズ君が mecha を自作中という記事だ。
彼の「mechaプロジェクト」のホームページはこちら

 中々カッコ良いではないか。
 高さ18フィートで、搭乗者の動作と連動して(いわゆるモーションキャプチャなんだろうな)動く(ようにしたい)んだそうだ。もう15,000ドルもつぎ込んじゃったが、記事によると奥さんが理解がある人のようでうらやましいことである。

彼のサイトのビデオを見る限り、残念ながらまだ「足が曲げられる」程度のシロモノのようだが、その意気や良し。まあがんばってくれ。

榊のオヤジさんなら一目見て「ありゃあダメだ」とかいいそうだが(笑)
[PR]
by SIGNAL-9 | 2005-04-08 11:00 | 一般の話題
<< 反日レクリエーション Googleが地図検索と連動し... >>