Googleが地図検索と連動した衛星写真閲覧サービスを開始(北米のみ)

Google Feature Incorporates Satellite Maps AP 4/5 10:00

 Googleが買収したKeyholeという会社の技術を利用して、maps.google.comで地図と衛星写真の連動サービスを開始した。要するに、今までは検索するとその地図が表示されるだけだったが、衛星写真があればそれも見られるようにした…というわけである。

上記記事によると、「衛星地図は一部の人たちを動転させた…Keyholeの技術は特定の住所のクローズアップを提供できるように設計されているからだ」。これに対して、KeyholeとGoogle側は、「半年から1年前の写真だし、誰か特定個人のプライバシーを狙ってとったものじゃないし、北米のデータしかないし」云々といってるそうな。

 試してみればわかるが、確かに解像度など、一般人にとってプライバシー云々というレベルの写真ではないと思う。なにしろ、大邸宅といわれるあの大富豪の自宅付近ですら、この程度だ。

c0071416_1191479.jpg
 もっとも、建物の有無や道路配置はわかるので、テロや犯罪などに利用されるようなことはないのか、他人事ながら多少心配ではある。

 俺みたいな一般人には覗き趣味以外の興味はないが、植生みたいな地図からは得られない情報は判断できそうなので、需要はあるのかもしれないな。
 まあ「神の目線」で眺められるというのは単純に面白くはあるが。

日立ハイソフトのインドネシア・スマトラ島沖地震復旧支援津波被害衛星画像サービスのような試みも行われている。
[PR]
by SIGNAL-9 | 2005-04-06 11:11 | 電算機関係の話題
<< Land Walker のライバル 官能用語ジェネレータ(笑) >>