シマンテックの「インターネットセキュリティ脅威レポート」

シマンテックの「インターネットセキュリティ脅威レポート」

最近の傾向としては
  1. 秘密情報に対する脅威の増大
  2. フィッシング攻撃の着実な増加
  3. Web アプリケーションに対する攻撃の増加
  4. Windows を狙うウイルス/ワーム亜種の急増
  5. 深刻度が高く、悪用が容易な上、リモートから悪用できる脆弱性の増大

といったところで、今後の傾向としては;

・金銭目的でのボットやボットネットワークの使用が増加していくと見ています。新たなボットを獲得し、ボットネットワークを作る手法が多様化してきています。

・モバイル機器を狙った悪意のあるコードが、件数、深刻度とも高まっていくと見ています。Bluetooth 対応機器の脆弱性を研究するグループが多数存在しています。これら脆弱性を悪用して拡大する悪意のあるコード(ワームなど)が出現するおそれが高まっています。

・シマンテックでは、ワームやウイルスを拡散手段としたクライアントサイドへの攻撃が増えていくだろうと考えています。

・音声やビデオ画像のコンテンツに埋め込まれて隠れた形の攻撃が増えていくだろうと予測しています。これは、厄介な問題です。画像ファイルは今やありふれたものであり、ほとんど誰もが疑いを抱かない上、現代のコンピュータ利用に不可欠な存在だからです。

・シマンテックでは、アドウェア、スパイウェアに関連したセキュリティリスクが増大すると予測しています。これらのリスクを抑える各種法律だけでは効果的かつ十分な抑止力とはならないと考えています。


 ちなみに俺も最近、場合によってはあえて「物理的にネットワークに繋がないマシン」や「隔離LAN」で作業をするということがある。数年前には「時代に逆行してるよな」とメンドくさがったものだが、最近では慣れた(笑)

 そんな人、けっこう多いのではないかしら。ボットやトロイの木馬の類で情報流出なんてことになりゃあ、おマンマの食い上げだからねぇ。
恥ずかしいし

 まぁ、幸い今まで直接ひどい目にあった経験は無いのだが、「セキュリティパッチってなんですか」「ウィルスチェックってなんですか」な人のとばっちりを食ったことは多数。
 上のレポートなどを読むと、状況はますます悪化すること疑いないなぁ。

だからコンピュータは免許制にしろ、というのだ(笑)
[PR]
by SIGNAL-9 | 2005-03-30 19:02 | 情報保護・セキュリティ
<< アフラック(アメリカンファミリ... みずほ銀行、約27万人分の顧客... >>