PrimoPDFの日本語化

日本語化というほど大それたものではないのだが。

日本語マシンで動かすとダイアログがフォントずれして見苦しいので単にそれを直したかっただけ。

無料のPDF作成仮想プリンタ、PrimoPDFだが、Aladdin Free Public License (AFPL) のソースを使ってるので上記ページの一番下から一式ソースで取得できる。

フツーのVC++のソースだったので、
・メッセージ部分を文字列リテラル検索してハジから日本語に修正。
・ダイアログ周りも同上。フォントサイズに合わせて位置調整。ついでに妙にサイズがでかかった画像リソースをPaintShopでサイズ縮小(笑)

あと、レジステーションを促すダイアログが少々うざかったので、PremoPDF.cppのCheckRegNag()の辺りを適当にコメントアウト(つーか、素直にレジストするべきだな。ソース読む限り、HKLM\Software\activePDF\PrimoPDF\verifiedをTrueにするだけみたいだが)。

で、リコンパイル。既にインストール済みの実行ファイルを単に上書き。

c0071416_17225092.jpg

[PR]
by SIGNAL-9 | 2005-03-24 10:26 | TIPSとかKludgeとか
<< ldap照会コマンドの自作 NTTの萌え?イベント >>