驚異!的中率90%以上の大予言。

地球滅亡は2012年? 「マヤ文明の予言」で議論に CNN 2009.01.28
マヤ文明の長期暦が終わる2012年12月21日は、地球終末の日となるのか――。そんな論議がネットや書籍で盛り上がっている。この日は新しい時代が始まる日だという説もあれば、地球が滅亡する日だという説もある。

マヤはメキシコなどの中米で栄えた古代文明。高度な天文学を理解していたとされ、独自の暦を持っているが、5125年を単位とする長期暦が2012年12月21日で最終日を迎える(21日ではなく23日が最終日だとする説もある)。

この日に何か不吉なことが起きるとマヤ人が予言したとの説が広まり、終末予想に火が付いた。2012年に関する本が相次いで出版され、ネットではカウントダウンサイトも登場。「2012」を検索すると、サバイバルガイド、サバイバル講座、各種の予言、当日の装い、「2012年終末」「2012年黙示録」といった文字をあしらったTシャツなどが出てくる。
 俺は天才かもしれない。的中率90%以上という極めて精度の高い予言を行う方法を発見した。

 秘中の秘にしておきたいところだが、あなたにだけその原理を教えてあげよう。

 ものの本によると、いわゆる「予言」のタグイの的中率は大甘にみてもせいぜい数%だそうだ。テレビで持ち上げられてちょっと名の売れたジュセリーノの予言も、マジメに検証してみると甘々に評価しても5%程度だそうな。

ということはつまり、これらの「予言」が外れる確率は9割以上ということなんである。

 「何月何日、○○地方に大地震が起こる!」

 これが9割以上の確率で外れるわけであるから、

 「何月何日、○○地方に大地震は起きません!」

 この予言は9割以上当たるつーことなんである。

 さあ、もうお分かりですね。
 9割以上当てるには、その辺の占星術師とか占い師とか予言者とか超能力者の言ってることの「反対」を予言しておけばいいというのが論理的帰結なのである。

ということで、大予言だ。

「2012年に地球は滅亡しません!」

この予言は9割以上の確率で-つまりほぼ絶対にあたるはずである。

…よしんば外れても、その時にはみんな死んでるだろうから責任を取る必要も無いしな(爆)
[PR]
by SIGNAL-9 | 2009-02-24 17:16 | 奇妙な論理 | Comments(0)
<< 石田晴久氏、御逝去 大量の宇宙ゴミ発生 >>