マイケル(マイクル)・クライトン死去

マイケル・クライトン氏死去 米作家 2008年11月6日 07時49分
マイケル・クライトン氏(米作家)AP通信などによると、4日、がんのためロサンゼルスで死去、66歳。家族が明らかにした。

 42年、シカゴ生まれ。ハーバード大で医学を専攻。在学中に創作活動を始め「アンドロメダ病原体」で人気作家に。「ジュラシック・パーク」や「ディスクロージャー」「ライジング・サン」などは映画化された。

 ロイター通信によると、作品は世界で1億5000万部以上が売れた。

 日本でも放送されたテレビドラマ「ER 緊急救命室」の制作も手掛けた。(ニューヨーク共同)
近作はあまり熱心な読者ではないが、昔々読んだ『アンドロメダ病原体』は衝撃を受けたなぁ。いきおいで原著まで買ってしまった…たぶん、初めて原著で読んだ小説。

小説家としては『ジュラシック・パーク』が有名なんだろうが、個人的に好きだったのを並べると;
『緊急の場合は』(え、アンドロメダと同じ人なの!とビックリした)、『サンディエゴの十二時間』(これTVドラマ版も面白かった)、『北人伝説』(正確性はむむむだが、冒険小説として)あたり。

長く読み継がれるタイプの作家ではないが、「今」を切り取ることに長けた才人だったと思う。

ご冥福をお祈りする。
[PR]
by SIGNAL-9 | 2008-11-06 08:00 | 読んだり見たり
<< いい本屋・ダメな本屋 同人作家さんと話す。 >>