「エキサイト公式プラチナブロガー」スタート!

明治-大正の狂犬病被害

遅ればせながらガラケーからスマホに乗り換えたので最近めっきりTwitterづいてしまいブログは放置してたのだが、やはりある程度のテキストをまとめておくにはTwitterは不向きなのでこちらに備忘しておく。
かわ1020 ‏@kawa1020 5月12日

ワクチン拒否の流れに混じって「犬の狂犬病ワクチン接種をやめましょう!」「私やめてます!」「打ったことにしてくれるお医者さんがいるらしい」という人たちをリアルに見てしまった。驚愕。道端で犬に噛まれて狂犬病、がよその国の出来事じゃなくなって来てしまった…
このツィートがきっかけで、Twitter上で論議が巻き起こっているようだ。
日本でもかつて狂犬病が猖獗を極めた時代がある、ということは既に忘れ去られているので、それを掘り起こしておくことは無駄ではあるまい。
一例として、報知新聞 (大正8)の「戦慄すべき狂犬の害悪」という記事をみると、当時の狂犬病の被害がどれほど酷かったよくわかる。

著者(弁護士 水野豊)が挙げている明治期の狂犬病被害を列挙すると;
  1. 十九年、麻布区の田中某方の飼犬が発病し、娘と飼い馬が死亡。
  2. 二十五年八月、大分県下毛郡某村で牛馬総計二十頭が狂犬によって傷つけられ、馬三頭牛十四頭が死亡
  3. 二十六年二月、長崎市で狂犬発生。多数の人畜に被害を与える。けが人七十名余り、死者八名。
  4. 三十年、荏原郡目黒村に狂犬発生。三名死亡。
  5. 三十三年、狂犬病にかかった犬の総数、五十四頭。
  6. 三十三年、山口県三田尻附近に四十三名の被害者。三名発病。
  7. (三十年八月、伝染病研究所に於て始めて予防注射法を開始)
  8. 三十六年、広島県下で死者十九名。
  9. 三十八年十一月、神戸市に発生。三年にわたる大流行となり、咬まれた人四千五百二十名。内三十五名死亡。
  10. 三十九年五月から四十年二月にわたり、青森県下に狂犬病発生。被害者百四十七名。内十一名死亡。
  11. 四十年五月三十日、北海道室蘭郡千舞別村に一頭の狂犬現れ、猛烈な勢いで蔓延し、翌年までに咬まれた人五百二十六名、内二十一名死亡。狂犬病にかかった獣二百五十二頭。
  12. 四十年、静岡県、四十一年には神奈川県で多数の患者発生。
  13. 四十一年五六月頃、山梨県下に発生し多数の被害者。内四名死亡。長野県南部地方に伝播。
  14. 四十二年に宮城県、四十三年には岩手県で数十名に被害。二名死亡。
  15. 四十四年春福島県に発生、六名咬まれ三名死亡。同年夏福岡県三池郡大牟田町で一頭の狂犬に十五名が咬まれ内二名発病。
  16. 東京府では三十四年以来減少の傾向だったが、四十一年に千駄ヶ谷に発生し四十四年には未曾有の大流行。四百五十二頭が感染。大正元年には四百四十七頭に及ぶ。
 著者はこれを踏まえて以下の様に主張している。意訳して要約する;
  1. 狂犬病予防の方法は犬を全滅させるしかない。全滅させられないまでも頭数を減少させることは必要であり、それと共にその病気の根源である犬を感染させないようにすることもまたひとつの方法である。
     北里研究所の梅野博士の研究報告によれば、健康犬に対して人に対するように予防接種を行なう試験は良好な成績を顕わしたということなので、これを一般の犬に普及させることは最良の方法であることは疑えない。
  2. 先年、警視庁は嵌口令を施行して全部の犬に口網を付けて人を咬めないようにしようとしたが、一部愛犬家の反対で廃止させられた。
     現在行なわれている畜犬取締規則は緩すぎて予防の効果を上げていないことは、咬まれる被害者が年々多数に上ることから明白である。
     したがってこれに対して妥当な取締規則を早急に設ける必要があることは言うまでも無い。
  3. 「人か犬か」という問題の答えは明らかであり、犬や愛犬家に犠牲を強いることはやむを得ないことである。
 著者の主張通り「野犬の捕獲」と「犬への予防注射」という対策は大正中期から取られた。近代デジタルライブラリをキーワード「狂犬病」あるいは「恐水病」で検索すると、ご先祖様の狂犬病制圧のための苦闘の後が読み取れる。例えば東京府下狂犬病流行誌(昭13)石川県衛生状態一斑(昭6)をみると、野犬の捕獲と予防注射が対策として有効であることは疑いようもない。

 俺自身は犬に思い入れがある人間ではなく、飼い主の気持ちはわからない。だが、その上でこの歴史を見ると、以下の様に思えるのである。
  1. 「日本は島国だし現在は検疫をしっかりしているから大丈夫」という意見には賛成できない。 今よりも遙かに海外との往来が少なかったであろう明治・大正時代ですら大きな被害が出ているのだし、狂犬病を媒介するのは犬だけではない。水際で100%防疫するのは不可能だろう。
  2. 「野犬を少なくする」対策を取れば飼い犬に予防注射を行なう必要は無い? 先に挙げた先人の記録を見る限り(確たる相関を見いだせる粒度のデータではないが)、予防注射か野犬の捕獲どちらかの対策を取れば十分ということではないように思える。どちらが有効だから片方は不要ということではなく、やはり両建てでリスクを減らすことが必要なのではないか。
「戦慄すべき狂犬の害悪」には以下の一節がある。
殊に犬は職業用の猟犬又は探偵犬を除きては大部分其飼主の愛着心を満足せしむる為めに飼養せらるるものなれば官庁などの取締を俟たず第一に飼主が公徳を重んじて被害なきを期せざる可からず然るに往々に自己の飼犬なるに係わらず他人に害を加うる時は自己の飼犬たる事を否定して知らざる真似を為す者の多きが如きは実に度す可からざる不徳と謂わざる可からず
――猟犬や警察犬を除けば、飼い犬の大部分は飼い主の愛着心を満足させるために飼われているものである。「官庁などの取り締まりがあるから」ではなく、まずは飼い主が公徳を重んじて被害がでないようにするべきである。しかし往々にして自分の飼い犬であるのに他人に害を与えた時には「いや、私の犬じゃないです」と知らんぷりを決め込むものが多いことは実にもって不徳と言わざるを得ない―― 現代の我々もこの言葉を噛みしめてみるべきだと思う。

…読み返してみて補足したくなった。
俺は狂犬病対策には「イヌへの予防注射」+「野犬狩り」で万全とも最善とも思っていないことは言い添えておきたい。今だったらむしろネコやフェレットみたいな愛玩動物の方がハイリスクかもしれないし、いっそ人間に打った方がいんじゃね?という意見にも賛意は別にして理解は出来る。 だが現状、そういった他の手段が簡単に執れない以上、現状の方法を「飼い主の都合で」忌避するのはおかしい、とは思っている。
[PR]
# by SIGNAL-9 | 2015-05-18 15:58 | 古い話

地デジが映らなくなった話。

 ようやく帰国できたので、久しぶりに実家に行ってみたら、「テレビが映らなくなった!」と騒いでいた。

 例のスカイツリー切り替えに伴う試験放送なのだが、ふむ、確かにNHK総合とテレ朝が映っていない。

 実家はCATVの地デジパススルーなので、まったく心配していなかったのだが。

 ちなみに実家はスカイツリーがかなり近くに見える、いわゆる強電界地域にある。

 CATVのケーブルから供給されている信号は、東京タワーだろうがスカイツリーだろうが大して変わらないはずだ。だとすると、テレビまでの室内配線がスカイツリーからの電波も拾っちゃって干渉してるせいだろう、と見当を付けた。
 見てみたら、屋内配線は全部古い3C2Vではないか。

 『ああ、これが例の「電波が強すぎて映らない」ってヤツか』
 アッティネータ噛まさないとダメ的な話だと思っていたのだが、こういうこともあるのだな。

 動かせる小型テレビが一台あったので、試しに近所の量販店で、出来合いの5CFBのテレビケーブルを買ってきて、屋内配線と付け替えてみたら、ちゃんと映る。

 で、総務省のデジサポに電話したら、CATV配信の場合はCATV局に連絡しろという。

 「いや、そうだとは思ったんですけどね。ウチは難視聴地域対策のパススルー受けてるだけなんで、お金払ってないんですよ」
 「その場合でもケーブル局です」
 「そうなんですか? 原因は明らかなんですけど。こっちで工事手配とかしてもらえないんですかね」
 「ケーブル局です」

 イマイチ納得できないまま、案内通りCATV局にかけてみたら。

 「オタクは難視聴地域対策で無料配信してるとこですね。だったら契約して頂かないと」
 「いや、今までどおり、地デジだけ見られりゃいいんで」
 「難視聴地域対策の無料配信でしたら、工事は有償になります。ご契約頂けば無償工事ですので、さっそくお見積もりを持って参ります。」

 ぇえええええええええぇ?!

 どー考えても話がおかしいが、ここでゴネる方が時間のムダだったので、「あー、そうすか、じゃあいいです」と電話を切ってしまい、5CケーブルとF端子を買ってきて自分で屋内配線を引き直してしまった。

 当たり前だが問題はバッチリ解消。

 途中の古い分配機も付け替えたのでちょっとカネがかかってしまったが、それでも五千円くらいで済んだので、ゴチョゴチョ時間を浪費させられたあげく、ドタバタ工事をされるよりはマシだったと思うのだが、それにしても映るように「無償で工事」してくれるんじゃなかったんかい!
 カネ払ってないとはいえ、難視聴地域対策ってのは元は税金なんじゃないのか?!
 広告付きの地上波見るのにわざわざ金を払えってか!

 まあ、これだけツリーに近いのならもうCATVのお世話にならなくてもいいだろうから(物は試しで余った同軸で「ハンガーアンテナ」作ってみたらほとんど問題なく受信できちゃう)、まだ有償だのなんだの言うようなら、とっととアンテナ立てて、早々にCATVにはお引き取り願う所存。

 とはいえその前に、その筋にお恐れながらと訴え出るなど、ゴネるだけゴネてみようかなぁとは思ってるのだが(笑)
[PR]
# by SIGNAL-9 | 2013-05-28 18:00 | 一般の話題

【近デジ漁り】小ネタ:若き乱歩と場外乱闘。

 公私ともに立て込んでいるので、今日は小ネタである。

ラヂオ講演集. 第10輯 (東京放送局 編 大正14-15)

 「東京放送局」というのは、今のNHKである。

 初代総裁にかの後藤新平を頂き設立されたのが大正13年の11月、翌14年3月から本放送開始なので、この「ラヂオ講演集」というのはまさに黎明期の記録。
 近デジにはその十編が収蔵されている。

 ご家庭向けの話題から学術的な話題、時代柄の軍事関係の話題・アジ演説wまで、中々にバラエティに富んだ話者・内容である。後藤新平だの高田早苗だの北里柴三郎だの、著名人の「肉声」が記録されているので興味深く読める。

 で、なんでわざわざ第10輯を取り上げるかというと、この「ラヂオ講演集」、話者によっては肖像写真が載っているのだが、こんな写真を発見したからだ。
c0071416_15311198.jpg

 江戸川乱歩若かりし日の写真である。

 流行りのカンカン帽に蝶ネクタイ、白スーツ。
 なかなかの伊達男っぷりではないか。

 乱歩先生は明治27年(1894年)のお生まれなので、大正14年というと三十才前後。文壇デビュー直後、明智小五郎が登場する「D坂の殺人事件」や「心理試験」を書いた頃の写真だろう。

 乱歩先生が日本の推理・SF・怪奇幻想小説分野に堂々たる足跡を残しておられる巨匠であることは言うまでも無いが、ご尊顔として印象に残っているのは、晩年の禿頭・眼鏡の写真、という人は多いのではないか。
 少なくとも俺はそうだった。

 こういう「発見」があるので近デジ漁りは止められないのである。

 もう一個、小ネタ。

 以前、近デジ本の「ラクガキ」について記事を書いたが、最近見つけた面白いラクガキ。

今の世の奇蹟(黒岩涙香 著 大正8)

 その扉と巻末で、またしても読者同士が場外乱闘w
c0071416_15314756.jpg

c0071416_1532583.jpg

 「Y・I生」「政治家志望生」クンはよっぽど感銘を受けたのだろう、「実に貴い本だ」「実に不思議だ」「黒岩先生は偉い」「偉大なる教訓を得ました」と褒めそやしているが、一方で「何が不思議だ 面白くない」「何が偉大だ エラクない」「黒岩先生凡夫」とメチャクチャにdisってるヤツ。

 さて、現代の読者なら先刻ご承知の如く、この本、黒岩涙香「著」となっているが、黒岩涙香を知ってる人ならご推察の通り、中身はウェルズの"The Man Who Could Work Miracles"(「奇蹟人間」)のパクリ「翻案」である。

 その意味では、黒岩涙香的には誤爆、「おもしろくない」だの「凡夫」だのdisられててもいい迷惑という気がしないでもないが、まあ、パクリ「翻案」の常として以て瞑すべしというべきだろうか(笑)
[PR]
# by SIGNAL-9 | 2013-04-24 15:36 | 読んだり見たり

【近デジ漁り】逸話 その2 文学者編

 近デジ漁って見つけた逸話集の続き。

 例によってかなり端折ったり盛ったりしてるので、原文の引用ではない。ご注意のほどを。

『文壇風聞記』(妖堂居士 編 明治32)

 幸田露伴が箱根の温泉に遊んだときの話。
 露伴は筮竹占いが趣味だったので、女中の運勢を占ってやったりしていた。
 ある日、お客の金が紛失するという事件が発生した。
 相談を受けた露伴は、女中を残らず集め、筮竹を鳴らしながらこう宣った。

 「なくなった金は、何かのものの下から出てくるだろう。もしも人が盗んだものなら、三日以内に犯人が捕まるだろう」

 その夜、無くなった金は一銭も失わず布団の下から出てきた。
 集めた女中の内にいた犯人が、占いを聞いて恐ろしくなり金を返したのだろう。

 占いが見事的中したと評判になり、
 「台所の魚が盗られたのですが、犯人は犬でしょうか、猫でしょうか。ちょっと占ってください」
 などということまで相談されるようになり、露伴は大いに辟易したとか。


 尾崎紅葉の学生時代の綽名は「漢方医」だった。
 尾崎が大の数学嫌いだったためで、算嫌い=さんきらい=山帰来(漢方薬に使われるツル科の植物)に引っかけたのである。


 福地櫻痴が『新小説』誌に『春雨傘』という作品を掲載した時のこと。
 新型の傘と勘違いしたのか、「上製三十本大至急」という注文が来た。


 饗庭篁村が朝日新聞の連載小説を引き受けたとき。
 挿絵のための打ち合わせや注文があまりに煩雑なのにキれてしまい、

 「小説は文章で意を述べ事を叙するものだ。なんで挿絵の力を借りる必要があるんだ? 挿絵の力で人を感動させるのだったら、むしろ文章なんか不要だ! ぼくは今日限りで文壇を引退する!」

 利にさとい朝日新聞社主は、字だけの小説は婦女子の人気がすこぶる悪いことを心配し、ひたすら篁村を説得した。
 篁村も最終的には折れ、小説は挿絵入りで発表されたが、篁村はその挿絵の上にこう断り書きを入れた。

 「この絵は小説の挿絵にあらず。小説が挿絵の説明をなすのみ


 泉鏡花は自分の草稿に他人が手を触れることを極端に嫌悪した。
 ある人がこれを知らず、何気なく鏡花の原稿を手にとって一読したるや、鏡花は原稿に付いたケガレを払うために、神棚に上げてある酒瓶から原稿用紙に酒を注ぎかけた。

『文壇失敗談』(文壇楽屋雀 編 大正5)

 泉鏡花は凝り性・完璧主義で知られるが、学生時代から外国語だけは苦手だった。
 だから酔っぱらうと今でも

 「世界で俺の嫌いなものは、ロダン親爺にトルストイ」
 などと駄句るのだそうだ。


 「神武天皇も幡随院長兵衛もギリシャ人である」などの怪説で気の弱い学者を煙に巻いている木村鷹太郞が、ある日、知人と呑みに出かけた。
 酒の席でも「神武帝の東征というのは実はイタリア遠征だ」「神功皇后の三韓征伐というのはエジプト征伐である」「在原業平はナイル川のフラミンゴだ」などとトンデモない説で気炎を上げる木村に、知人が質問した。

 「じゃあ、木村鷹太郞はギリシャでは誰に当るんだい?」


 ある日、巡査がみすぼらしい身なりの男を見とがめて職質を行なった。
 「名前は」
 「西田」
 「職業は」
 「京都大学に勤めている」
 巡査はさっそく京大に「西田という小使いはおらぬか」と問い合わせた。
 京大の答えは「そんな名前の小使いはいない」。
 ますます怪しんだ巡査は男を詰問したが、拘束するほどの証拠はなかったので、「西田幾多郎」というフルネームを確認した上でその場は放免した。

 数日後、「西田幾多郎」というのが”西田哲学”で知られる京都帝国大学教授・哲学者の西田博士だと悟った巡査は署長と一緒に詫びに行ったという。


 国木田独歩と呑みに出かけた田山花袋。二人ともぐでんぐでんに酔っぱらって、独歩の家まで帰り着いた。
 酔眼でテーブルの上を見ると、旨そうな羊羹が一切れある。
 元々甘い物にも目がない花袋、ひょいとつまみ上げるとパクリと頬ばった。
 あにはからんや、羊羹と思ったのはマッチの空き箱だった。


 帝大生たちの間で「三四郎」という代名詞が使われている。
 これは言うまでもなく夏目漱石の「三四郎」から来ている新語で、「一高を経ないで、地方の高等学校から帝大に入った者」という意味。
 本郷の通りでは、一高出身でないものは誰彼構わず「フン、三四郎か」と言われるのである。


 自然主義文学の雄、岩野泡鳴の特技は投石だった。
 「木の枝の鳥を狙って投げれば百発百中さ」と自慢していた。

 ある夕暮れ、友達と一緒に芝公園を散歩していたら、向こうの木陰になにやら白いものがチラチラ覗いている。
 てっきり小鳥だと思った泡鳴は、落ちていた瓦のかけらを拾い投げつけた。
 狙いあまたず見事命中したのは、立ち小便をしていた通行人のイチモツだった。

『名士の笑譚』(吉井庵千暦 明33)

 出版社の春陽堂が幸田露伴に原稿を依頼した。
 が、露伴は気むずかし屋で、意にかなわないと筆を執らない性格。
 何十回催促しても原稿は出来上がらない。
 業を煮やした春陽堂の主人は露伴を自宅に招き、原稿を書かせることにした。
 露伴のご機嫌を良くするために、高級料亭から料理を取り寄せ歓待した。
 さんざん呑んで喰って、機嫌が良くなった露伴は、ようやく筆を執って机に向かい原稿を書き始めた。
 主人はしめしめと思い、邪魔をしないように階下に降りて完成を待つことにした。
 やがて夕方。
 主人が様子を窺うと、酔っぱらった露伴は雷のような鼾をかいて寝ていた。
 机上には二・三枚の原稿が書き散らしてあった。
 主人が内容を確認してみると、あにはからんや、それは頼んでいた原稿ではなく、翌日の国民新聞に載せる小説の続きだった。


 『翻訳文範』なる本の編纂を計画していた人が森鴎外に相談した。

 「世の中の、翻訳と称するシロモノの大半は意訳で、内容を勝手に増減したりして、その趣味すら十分に伝えるものは少なく、青少年に間違った知識を与えるものも少なくありません。
 どこかに一字一句原作に典拠していて、かつその趣味を十分に伝えている、模範になるような名訳はないでしょうか」

 これを聞いた鴎外、自分が翻訳した本を差し出して、
 「どっからでもお抜きなさい」

『現代名士抱腹珍談』(語句楼山人 大正1)

 夏目漱石は蔵書家としても有名。それゆえ、非常に火事を恐れていた。
 ─― いつ何時どこから火事が起こらぬとも限らぬ。大切な本を守るためにはどうしたらよいか ――

 漱石が三日三晩考えた結論は、大きな袋を五十ばかり用意することだった。
 いざという時には自分と奥さんでその袋に本を詰め込んで、担いで逃げるつもりらしい!


[PR]
# by SIGNAL-9 | 2013-04-01 12:13 | 読んだり見たり